映画「ドクター・デスの遺産」の見どころ【ネタバレなし】と感想【ネタバレあり】

映画レビュー
映画「ドクター・デスの遺産-BLACK FILE」公式サイト

見どころ

独自評価 ★★★★☆(4.0)

130人を安楽死させた実在する医師をモデルに描いたサスペンス
「苦しむことなく殺して差し上げます」と安楽死を闇サイトで請け負っている謎の人物、ドクター・デス。
被害者の家族達は、皆ドクター・デスに感謝しているため、捜査は難航する。
「人には生きる権利と死ぬ権利が平等にあるのです」という思想を持っているドクター・デスは、救世主なのか、猟奇殺人犯なのか。
検挙率No. 1の犬養刑事(綾野剛)と頭脳派No. 1の高千穂刑事(北川景子)のコンビの見事な推理で犯人と事件の真相に迫っていく。
そしてドクター・デスも犬養に近づいてくる。。
報酬0で依頼主を安楽死させていくドクター・デスの正体とは…
物語の展開のスピードが早くてあきない。
安楽死という内容に善なのか悪なのか…色々考えることもあるけれど、そこはあまり深堀りしておらず、テンポの良い捜査と犯人のキャラクターが解決してくれるので、納得いく結末。
綾野剛と北川景子がカッコいい。
捜査チームも良い。見終わったあと、スッキリ終われる。
大人から子供まで(子供にとってドクター・デスが怖いかもしれないけど。)1人ででも友人とでも家族とでも見れるし、映画を2時間見るのは長いから苦手という人でも見やすい映画。
シークレット出演者が誰なのか、も見どころの一つ。

感想

この映画は死に対しするモラルが見ていて分からなくなる。安楽死について、人はどう捉えるのか。
もう治る見込みがなく、効く薬もなく痛みに耐えるただその状態で死を待つのみ、そういった状況に立たされた場合、薬で楽に死ぬことを本人も家族も望んだら…それは有りなのか?やはり寿命を全うするまで生き続けるべきなのか。それが自分のことなのか、それとも家族のことなのかでもまた考えは変わってくると思う。その渦中であれば理屈じゃない感情になるであろうし、とても難しい問題…
ただ、このドクター・デスの映画の犯人においての私の見解は、救世主じゃなく、猟奇殺人犯であった。ドクター・デスに依頼した家族たちは皆感謝しているようだったけど、よくよく考えたらやっぱり生きていて欲しかっだという家族もいたし。依頼者達は洗脳されて正常な判断ができていたのだろうか。
犯人の生い立ちや背景が何かあって、結果サイコパスと化してしまったというのならまだ同情する点はあったと思うが、その辺は何もなかったので、ストーリー性としての深みは出なかった。
公開前から、シークレット出演者が誰なのかという点も楽しみの一つだった。
「1時間後に主治医を呼んでください」のセリフ、この声ですぐ柄本明だ!と分かった。
ドクター・デスは柄本明か〜、そう思いながら物語が進む。
そしてドクター・デスの助手の看護師(雛森)の存在。画像解析がされて出てきた姿…あ!木村佳乃だー!この2点の謎が解けるだけでも私は充分楽しめた。
まだ映画の前半なのにもう看護師の雛森が取り調べされて、展開早いなぁと思う。そしてドクター・デスの柄本明に警察が辿り着くのも割と早い。もう完結に向かうのか?と思いきや、そこからまた物語がどんどん進んでいく。テンポが良い。
北川景子の高千穂役がとても似合っていた。パンツスーツがとにかく似合う。
鋭い目つきでドクター・デスの似顔絵を解明していくシーンでは、海外ドラマの女刑事みたいな雰囲気でかっこ良かった。
似顔絵が完成した時、スッキリした。
雛森役の木村佳乃も素晴らしかった。結局ラスボスなんだけど、最初の取り調べのシーンでは弱々しかったけどなんか怪しさは醸しでていた。
ドクター・デスの雛森は怖かった。取り憑かれたように正義をはき違えてる形相がコワイし、犬養の娘に近づき洗脳していく所はゾッとした。
娘がドクター・デスに連れ去られ動揺する犬養のうろたえおろおろする姿、子を取られた時の親ってこうなるよなって思った。綾野剛の体現がリアルで上手いと思った。
犬養を高千穂がパーンとビンタするシーンは見事な音がした。本当にあれだけ強烈なビンタをされてよくその後に芝居を続行できるなと感心する。さすがだ。
娘の家族の思い出の場所が娘の居場所のヒントとなるのだけど、なぜその場所を高千穂が分かったのだろうか、という点にちょっと謎が残った。犬養の娘と余程仲良しなんだな、ということにして見たけど。
この綾野剛と北川景子のバディがすごく良かったから、もしかしたら、犬養の妻がなぜ亡くなったか、高千穂と犬養家族の関係性なんかも折り混ぜながらまた別の事件で続編をやってくれるといいなーと期待したい。
テーマとしては答えも出ない深く難しい問題だけど、この映画自体は、あっさりとしているし展開もわかりやすい。テンポよく謎も解けていき、綾野剛と北川景子のバディもかっこいいし、出演者がシークレットという部分も楽しめてラストもすっきりしているから、難しさはないし、深さはないもののサスペンスとして面白い。映画というよりドラマ感覚で見られるところが、逆に私は見やすくて良かったと思う。
続編を希望!

コメント

タイトルとURLをコピーしました