映画「護られなかった者たちへ」見どころ〈ネタバレなし〉感想〈ネタバレ〉

映画レビュー
映画「護られなかった者たちへ」公式サイト

見どころ

独自評価 ★★★★☆(4.4)

あらすじと見どころ
宮城県で2つの殺人事件が起こる。どちらも身動きが取れない状況に縛られ放置され餓死するというもの。被害者は2人とも東日本大震災の時に生活保護の担当をしていた。
事件を追っていく刑事笘篠(阿部寛)は、過去の事件から服役したばかりの利根(佐藤健)を容疑者としてマークする。そして利根の過去を探っていく。
社会性メッセージもあり、ミステリーもあり、見応えのある映画。
生活保護の仕組み、オーバーワーク、東日本大震災。
子供から大人まで見て考えることができる。
キャストも良い。

感想

この映画の完成度はものすごく高いと思う。
ミステリー性も良いし、内容も奥が深い。
展開も良いしメッセージ性もある。とても良質な映画。
護られなかった者たち、とは誰に向けてのことだろうか、映画の終盤にこのタイトルの意味がわかる。だから守るじゃなくて護るなのか!と。
映画のタイトルへと話がうまく繋がっていき、そして被害者の三雲(永山瑛太)、城之内(緒方直人)の身に起きたこと、利根(佐藤健)と笘篠(阿部寛)が最初に避難所の階段でぶつかったシーンがあったがこの2人がもうこの時すでに運命が絡まっていると分かること、わからなかったことを終盤に全部一気に見せるその見せ方というか、ストーリー展開がよかった。作り方がすごく好きだった。
地震は怪物、抗えないものにみんな心をえぐられてヒリヒリしているように見えた。
そして、生活保護についても何が正しいのか、悩むしわからないし、考えさせられる。
事件の被害者となった三雲と城之内が利根に言った原理原則とか、確かにあれは無神経な発言だった。でもあそこまで追い詰められていたのも震災での過労が生み出した心理状態なんだろうと思うと、ただ必死に仕事してその結果がこれか、、と悲しくなる。人格者であり、真面目な人物があんな…やられた方も可愛そう。
そしてそれを泣きながらやってるカンちゃん(清原伽耶)を見た時は辛かった。これまでのカンちゃんの人生を見れば恨む気持ちも理解できるから可愛そう。
結局はみんな可愛そう。
生活保護の仕組みについて、この映画でよく分かる。明らかに助けが必要なのに申請することにや受給してもらうことに抵抗がある人もいれば、悪気もなく不正受給している人、生活保護でも子供を塾に行かせたいから収入を申告しない人、生活保護受給者といっても一括りではない。申請を受け取る側の人間も、必要な人にちゃんと届くようにと奮闘するカンちゃんのような熱意のある職員さんもいればこの仕事に意味あるのかとわからなくなりながらこなしていく職員さんもいる。
ただカンちゃんの言う通り、困っている人は声を上げべき。不埒なものよりも大きな声で上げるべき。上げなければ気づいてもらえもしない。カンちゃんが護られなかった者たちへ残していたSNSのシーンにこの映画の訴えたいメッセージが込められていてとても心に刺さった。
映画の内容同様、キャストも良かった。
容疑者も刑事も犯人も被害者も、みんな本当に良かった。清原伽耶はまだ若いのに落ち着いた貫禄のある芝居をする若手の中でも一味違ったオーラがあるなと思う。原作では男の子のようだけど、そこを変更してまでも清原伽耶を起用したのは納得できる。
重くて悲しい内容ではあるけど、年齢性別問わず(小さい子供は遺体発見のところは怖いかもしれないけど)震災のこと、生活保護受給者のこと、オーバーワークのこと、色んな人の気持ちを感じ取れる映画だと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました