映画「海底47m 古代マヤの死の迷宮」の見どころ【ネタバレなし】と感想【ネタバレあり】

映画レビュー
参照:『海底47m古代マヤの死の迷宮』公式サイトhttps://gaga.ne.jp/47m_maya/

見どころ

独自評価 ★★★☆☆(3.5)
 女子高生がちょっと興味本位で行ってみようみたいなノリで潜ってしまって、海底の洞窟から出られなくなって…迷宮だから出られない、サメが襲ってくる、女子高生4人グループ、どうなってしまうのか。最後まで何度もビクッとさせてくれた。
 あんまりドキドキしたり、ちょっと血が苦手な人にはおすすめしないけど、そこまで思ったより怖くない。

感想

 まず、姉妹のうち妹の方がいじめられているのだけど、何故かお姉ちゃん、我関せず。姉妹ならかばってやればいいのに。
 学校にいじわる女がいるんだけど、この女と最後にこんなとこで遭遇!?ここで繋がったか!という展開がよくできた話だと思った。
 綺麗な景色と綺麗な海。今人生で一番楽しい頃の主役の姉妹含む女子高生4人のグループ。4人1人くらいはいるもんだ、冒険心?無鉄砲な子。
私ならほんとやめようっていう。絶対いかない。空気読めないと言われてもいいから、潜らずに残る!
 結果的に、ほらね、だからやめとけばよかったのに、サメに喰われちゃったじやないの!
っていうお話。
 劇中ほぼずっと水中メガネと酸素マスク着用してるから、誰が誰だかよくわからなくなる。
そして一体この女子たちは、今どこらへんにいてサメはどこまでなら入ってこれるんだろうか、画面の横に小さく今迷宮のここにいるみたいな見取り図で現在地を示してくれて、女の子たちに→つけて名前書いて分かるようにしてもらったいなと思いながら鑑賞していた。
常に緊迫感があるし、次々とピンチがきて、飽きるとこなく見れた。映画館で見るとサメが怖かった。
 海底でお父さんに遭遇できてひと安心、これでお父さんが出口へと案内してくれて終わり、ではないなとは思ったけど、まさかお父さんサメに喰われてしまった…しかも姉妹の目の前で。でもそれを悲しむことより娘2人は出ることに必死であったところがあれがリアルなのかな。
仲が良くなかったけど、なんとか逃げ切ろうと決死の覚悟の姉妹はしっかり団結していた。
 とにかくサメがほんとしつこい!だいたいの流れは、迷う、酸素ヤバくなってきた、誰かいる助かるかも?→サメがくる→誰かがサメに喰われる→絶望 これが繰り返されていた。
でも、姉妹がやっと脱出して海面に顔を出して外の景色が見れたとき、終わったーとちょっと安心したけど、まだ終わらせてはくれないしつこさが面白かった。
これはシリーズものらしい。パート1があるみたいだから、それも見てみよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました